まずはご相談ください!
まずはご相談ください!

[受付]9:00~18:00 [定休日]火・祝日・年末年始 メール・LINEは24時間受付中!

DIARY

モルタル外壁を塗装するタイミングは?メリットや費用目安も紹介

  • 外壁塗装


モルタル外壁の塗装はいつするのか、タイミングがわからず悩む方もいるのではないでしょうか。

モルタル外壁は丈夫そうに見えますが、実はひび割れしやすく防水性が低いという特徴があります。

劣化が進んで雨水が浸入すると雨漏りし、建物自体が傷む可能性もあり危険です。

本記事では、モルタル外壁の塗装を検討する際の劣化症状と、塗装によるメリットを解説します。

気になる費用目安や塗装方法も紹介するため、参考にしてください。

モルタル外壁の塗装を考える劣化症状

モルタル外壁の塗装を検討する際の劣化症状を解説します。

・クラック(ひび割れ)
・チョーキング
・浮きや剥がれ
・塗膜の膨れ

見逃すと劣化が進行していくため、参考にしてください。

クラック(ひび割れ)

クラックはひび割れのことをいい、2つの種類があります。

・ヘアークラック
・構造クラック

ヘアークラックはモルタル自体の乾燥が原因です。

浅いひび割れは起こりますが、多くの場合で建物の構造自体に影響を及ぼしません。

一方、構造クラックは深めにひび割れしている状態です。

建物の構造部分までひびが届いている可能性もあり、雨水が浸入する場合もあります。

雨漏りやシロアリなどの被害を受ける恐れがあるため、早急に業者へ連絡してください。

チョーキング

モルタル外壁を手で触ったときに、白い粉のようなものが付着する現象をチョーキングといいます。

塗膜表面の樹脂が劣化して引き起こる症状で、色をつける顔料が出ている状態です。

防水効果が失われているため、建物の内部に雨水が入り込みやすくなり、雨漏りにつながる恐れがあります。

チョーキングはモルタル外壁を手で触るとすぐにわかる劣化症状です。

見つけたら業者へ連絡し、塗装を検討してください。

浮きや剥がれ

浮きや剥がれは塗料の付着力が低下すると生じます。

経年劣化や業者の施工不良が主な原因です。

モルタル外壁の浮きが起こると簡単に破れ、少しの刺激でも剥がれやすくなります。

剥がれたモルタル外壁は機能性を失います。

防水効果がなくなると雨漏りにつながる恐れがあるため、業者への相談がおすすめです。

塗膜の膨れ

塗膜の膨れは、モルタル内部にたまった湿気により引き起こります。

経年劣化や施工不良により、塗膜が気泡のように膨れ上がる状態です。

塗装前におこなわれる下地の調整不足や、高圧洗浄後の乾燥不足などは膨れが生じる要因です。

膨れたモルタル外壁は浮きと同様、剥がれやすくなります。

雨水が浸入しやすくなり、周囲の塗膜まで膨れるといった悪循環に陥る可能性があります。

下地が雨水を吸い込むと劣化が進行するため、塗装を検討してください。

モルタル外壁を塗装するメリット


モルタル外壁を塗装するメリットは下記のとおりです。

・塗装費用が安い
・機能性が上がる

それぞれ詳しく解説します。

塗装費用が安い

モルタル外壁にはシーリング部分がないため、塗装費用が比較的安くなります。

シーリングは年数が経つにつれてひび割れたり縮んだりし、弾力がなくなって機能を失います。

メンテナンスには継続的なコストが必要です。

つなぎ目がないモルタル外壁ならシーリング劣化の心配がいりません。

当然、張り替えが必要なほどモルタル外壁の劣化が進行していると費用は高くなりますが、塗装のみなら安くすみます。

機能性が上がる

塗料には防汚効果や断熱効果などが期待できます。

見た目がきれいになるのはもちろん、モルタル外壁の性能が上がるところも塗装の良さです。

もともと、モルタル外壁は防水性が低くひび割れやすいという特徴があります。

弱い部分を補う意味でも、防水効果が高く透湿性のある塗料が多く使用されます。

外壁の機能が上がると建物自体の寿命が延びるところも魅力の一つです。

モルタル外壁の塗装費用


モルタル外壁を塗装するとき、約30坪の住宅ならどのくらいの費用になるのか、目安を紹介します。

・外壁塗装+屋根塗装:110〜160万円
・外壁のみの塗装:70〜110万円
・屋根のみの塗装:60〜80万円

あくまで目安のため、塗装環境や使用する塗料により異なります。

屋根を同時に塗装すると足場代が一度ですむため、費用を抑えられる可能性があります。

同じ時期に塗装を考えているなら、あらかじめ業者へ相談しておくことがおすすめです。

モルタル外壁を塗装するときの注意点


モルタル外壁を塗装するときにはいくつか注意点があります。

・風合いが損なわれる可能性もある
・ムラが発生する場合もある
・ひび割れしやすい

塗装前に知っておくと納得して工事を依頼できるため、参考にしてください。

風合いが損なわれる可能性もある

モルタル外壁の特徴である、デコボコしたデザインがなくなる可能性もあります。

なかでも、ツヤのある塗料を選ぶとマットな風合いが損なわれるかもしれません。

モルタル外壁の仕上げには下記のような種類があります。

・リシン仕上げ
・スタッコ仕上げ
・吹き付けタイル仕上げ
・左官仕上げ

モルタル独特の風合いを残すためにはどのような塗装が良いのか、業者との相談が大切です。

ムラが発生する場合もある

下塗り工程が十分でないと外壁が塗料を吸い込んでしまいます。

さらに、吹き付け塗装に適した下塗り材が使用されていないこともムラになる原因です。

塗装の仕上がりは職人の技術に左右されます。

経験が浅かったり実績が少なかったりすると、納得した仕上がりにならない可能性があります。

業者を選ぶときには、経験豊富な職人が在籍しているかを確認しておくことがおすすめです。

ひび割れしやすい

モルタル外壁は、乾燥や収縮を繰り返したり地震が起きたりすると、ひび割れやすくなります。

ひび割れすると、水が染み込みやすくなり劣化も進むため危険です。

雨水が浸入すると雨漏りの原因になります。

長くきれいな状態を保つには定期的な塗装が必須です。

モルタル外壁に使われることが多い塗料


モルタル外壁はひび割れしやすいため、主に弾性塗料が使われます。

コンクリートの外壁にも使用され、ゴムのように伸び縮みする性質が特徴的な塗料です。

弾性塗料は主に3種類あります。

・単層弾性塗料
・微弾性塗料
・複層弾性塗料

柔らかく弾力性のある塗膜を形成するため、下地のひびに追従できます。

モルタル外壁の塗装方法

モルタル外壁の塗装は、一般的に下記の流れでおこないます。

・足場の組み立て
・高圧洗浄
・養生
・下地調整
・下塗り作業
・中塗り、上塗り作業
・付帯部の塗装
・足場解体、清掃

丈夫な外壁にするためにも塗装は三度塗りが基本です。

密着性と耐久性が高まり、外壁塗装を長く保てます。

モルタル外壁は適切なタイミングで塗装しよう

モルタル外壁には、下記のような劣化症状があります。

・クラック(ひび割れ)
・チョーキング
・浮きや剥がれ
・塗膜の膨れ

症状を見逃さずに塗装できれば、美観を維持でき外壁の機能性も上がります。

劣化した部分は放っておくと悪化する可能性があるため、気になることがあるなら業者への相談がおすすめです。

モルタル外壁はシーリングがない分、比較的安く塗装できます。

ただし、塗装により風合いが損なわれたりムラが発生したりする可能性があります。

納得した仕上がりになるように、実績と経験のある職人が在籍している業者を選ぶことが大切です。