まずはご相談ください!
まずはご相談ください!

[受付]9:00~18:00 [定休日]火・祝日・年末年始 メール・LINEは24時間受付中!

DIARY

愛媛県・松山市・松前町・伊予市で外壁塗装の塗り替えサインとは? 外壁のトラブルと解決方法を解説

  • お役立ち情報

 愛媛県・松山市・松前町・伊予市の皆さん、こんにちは!


皆さんがお住まいの住宅は、新築してからおよそ何年経過したでしょうか。

住宅の中の使い勝手に悩んだりリフォームを考える方もいるかもしれませんね。

お子さんが巣立ってしまったため、間取りを変えようか悩んでいる方もいるかもしれません。


ところで、住宅の外側に注目したことはあるでしょうか。

お住まいの外壁の汚れ、コケカビが生えていませんか。

または、サイディングの場合はつなぎ目のコーキングに隙間やヒビが入ってはいないでしょうか。

外壁自体にヒビ割れやふくらみ、剥がれは発生していませんか。

もしかしたら室内の一部分だけ雨漏りしたり、かび臭い箇所があるかもしれません。


素人目にはなかなかわからない外壁の傷みや経年劣化は、実は着々と進んでいます。

外壁の寿命は、使っている塗料にもよりますが早ければ8年、遅くても10年〜15年と言われています。

外壁塗料のほか、外壁に使った素材によって変わってきますが、ご自宅の外側について耐用年数を知っておくことで、改装や外壁塗装など大きなお金が必要になる心の準備ができるはずです。

 

外壁に劣化があるとわかっていて、そのままにしておくことも大変危険であり、住宅の寿命を縮めることにもなりかねません。

 

今回は、 愛媛県・松山市・松前町・伊予市の皆さまへ向け、お住いの外壁についてどのような劣化現象があるのか、どのような解決策があるのかを詳しく解説します。


 愛媛県・松山市・松前町・伊予市の外壁塗装の塗り替えサインとは 



外壁や室内について、アフターメンテナンスのある工務店やハウスメーカーは多いかもしれませんが、10年以上となるとメンテナンスや点検サービスもなくなっていきます。

外壁が傷んだお住まいで暮らしている方が、もしも外壁の経年劣化に気づかなかった場合、劣化がどんどん進み、早く手を打たなければ大掛かりな工事になりかねません。

そこで、普段から外壁の様子を触ったり目視しながらチェックしておくことが大切になります。なんかおかしいな、ちょっと心配かも……そう思ったときはすぐに外壁塗装の専門業者へと連絡しましょう。

簡単なチェックや点検については無料で行ってくれる業者も多くあります。その後工事が必要な場合は数社に見積もりを出すなど、少しずつ準備を進めていくことになるでしょう。

愛媛県・松山市・松前町・伊予市で一軒家にお住いの方や不動産物件をお持ちの方は、専門業者でなくても知っておきたい、外壁の塗り替えサインを詳しくご紹介します。

塗替えサイン①チョーキング現象(白亜化現象)



「チョーキング現象」は「白亜化現象」とも呼ばれ、外壁の典型的な劣化現象です。

具体的には、 壁を手のひらで触ると白い粉状のものがつき、手が真っ白になったり、壁の塗料の色が手についてしまう現象を起こしていることに気づきます。


その、手につく粉の正体は一体何かと言うと、雨や紫外線によって塗料の中の合成樹脂が分解され、顔料が粉状になって塗装の表面に出てきたものです。表面に出てきたために手で触れると色が付いたり、衣類などが擦れると白っぽい色が付きます。


外壁塗装の劣化のひとつであり、これは紫外線を浴び続けたことによるもので、それ以外にも積雪や塩害、排気ガスなどが原因のこともあります。

チョーキング現法があったときは、少しでも早めに専門業者に相談することをおすすめします。

塗替えサイン②ひび割れ



外壁のひび割れの多くは、塗料の経年劣化による塗料の乾燥が起きることです。紫外線等の影響によって、コンクリート、モルタルが乾燥し、収縮や膨張を起こすことが多くの理由です。

もしも新築から年数がさほど経過していない場合や、外壁塗装工事をしたばかりなのにひび割れが生じている場合は、塗装した際の乾燥時間が短く乾燥不足であったり、混ぜ合わせる塗料の種類の相性が良くなかったことが考えられます。

短期間でひびわれが生じてしまった場合は、施工業者に早めに連絡をしましょう。


ひび割れ暗いならもう少し大丈夫かな?と、放置してはいけません。ひび割れた箇所から建物の劣化が進行し、サイディングや住宅自体が腐食してしまう恐れがあるからです。


腐食が進行した場合は外壁材を取り替える工事が必要になり、外壁塗装工事以上の費用や日数がかかってしまいます。また、 ひび割れから雨水が浸入するとカビが発生しやすい環境にもなり、室内にも影響が出ます。


ひび割れとおなじように、外壁の剥がれや塗装の膨れもひび割れも放置しておくことで大掛かりな工事につながりかねません。

このようなトラブルを見つけたときは、早急に専門業者へ連絡し点検してもらいましょう。

 

塗替えサイン③コケ・カビ



外壁は使用した塗料によって変わるものの、おおよそ10年目くらいから劣化が始まります。塗料の表面には「塗膜」があり、経年劣化することにより防水性が低下します。

そうすると、外壁にコケやカビが発生してしまいます。

カビやコケは放っておくとどんどん広がり、見た目も悪く古い家、汚れた家という印象になってしまうことでしょう。

何もせず放置したり、正しい知識を持たないまま洗浄など自己処理をするのは、外壁を傷めせっかくの塗膜に傷を付けたり、問題のない部分まで防水性が低下し、逆にカビやコケが広がったり、ひび割れなどほかのトラブルが起きる可能性も否定できません。

専門の業者に点検してもらうことを一番におすすめします。

また、外壁塗装をする場合はカビやコケの出にくい塗料を選んだり、防水性の高い塗料を選ぶようにしましょう。

外壁塗料によって耐用年数が違う



カビやコケのトラブルの項目で少し触れましたが、外壁塗料は種類によって耐用年数が違います。もちろん耐用年数の長い塗料は費用も高くなりますが、トラブルが起きにくく何度も塗り替えをしなくて良いのなら、コストパフォーマンスが高くなるのではないでしょうか。


もちろん、愛媛県・松山市・松前町・伊予市の天候や地域性によってもメンテナンスの必要な期間が変わってきます。


外壁塗装は、塗装をする際に足場を組んだり、多くの人の手が必要になったりと、塗料の費用以外の費用もたくさんかかります。


そこで、塗料の種類や特徴、耐用年数を前もって知っておくことが大切です。
外壁塗装に使われる代表的な塗料と、特徴、おおよその費用についてご紹介します。

①アクリル塗料


アクリル塗料とは、アクリル系の合成樹脂が主成分の塗料のことを言います。外壁塗装によく使用されていたのは30年くらい前のこと。

今も使われてはいますが耐久性は低くあまり使用することはありません。

  

アクリル塗料の一番のメリットは、低価格だということです。

発色が良くツヤが出るため見た目も美しい施工になり、透湿性が高く湿気がこもりにくい特性もあります。


ただ、デメリットも大きく、外壁と量としては耐久性は低く、短期間での塗り替えが必要になります。おおよその耐久年数は3年から8年程度と言われています。

また、ひび割れが起きやすいというデメリットもあります。


ただし、何度も塗り替えをしたい場合には適しているかもしれません。


さらに、アクリル塗料は色の種類が豊富なので色選びにこだわりのある方にも良いでしょう。例えば、今後引っ越す予定があるので一時的に塗装をしたい方など予算をかけないで外壁塗装工事をしたい人には、最適かもしれませんね。


②ウレタン塗料


なるべく安く済ませたい、耐久性よりも予算を優先させたい、気分転換に何度も塗り替えをしたい、住宅を手放す予定があるなどの事情がある場合は、コストが安いと言われているウレタン塗料もおすすめです。

 

ウレタン塗料とは、主成分にウレタン系樹脂が用いられた塗料のことです。ウレタン樹脂は樹脂の中でも柔軟性に富んでおり、密着度が高く耐候性に優れています。

ウレタン塗料の種類には「油性」と「水性」、そして「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の4つの種類があります。それぞれのランクによって機能性や価格も変わってくるのでご紹介します、


油性⇒希釈にシンナーなどの有機溶剤を使用するものを言い、施工中は強い匂いが立ちます。水性よりも耐久性・密着性に優れていますが、価格は高めの傾向があります。


水性⇒希釈に水を使用します。有機溶剤を少し使用する場合もありますが、臭いが比較的少なく環境や人体への影響はさほどありません。水分を含んでいるので、気温や湿度の影響を受けやすく、特に凍結の恐れがある場合は使用に注意が必要です。


Ⅰ型:希釈するだけで使用できるタイプです。

水性⇒一番安価に施工が可能です。油性よりも仕上がりの美しさは劣るかもしれません。

油性⇒油性Ⅱ型よりも安価でしようできます。Ⅱ型のように硬化剤を混ぜる手間がないので施工しやすいと言われています。

 

Ⅱ型:剤と硬化剤を混ぜてから希釈して使用する

水性⇒水性Ⅰ型よりも耐久性に優れています。油性より匂いが弱いのが特徴です。

油性⇒最も耐久性が高く仕上がりも美しいのですが、価格は4種類の中でもっとも高くなります。

 

どのタイプを使うかは、費用はもちろん施工期間や使える外壁材であるかどうかも考えなくてはなりません。愛媛県・松山市・松前町・伊予市の専門業者へよく相談しましょう。

ウレタン塗料のメリットとは、安価で、耐用年数も環境によっては7年から8年もつことです。シリコン塗料やフッ素塗料に比べて、価格を抑えられるのでおすすめする業者が多いかもしれませんね。

 

また、光沢のある仕上がりに高級感を感じられます。色も鮮やかに発色するのでこれまでの住宅が一新されることでしょう。

 

さらに外壁との密着性が高く、気温や経年による外壁材の変化にも対応できる柔らかな材質の塗料でもあります。硬化した後の塗膜が柔らかいため建物がひび割れしにくく、防水性も維持できるでしょう。

 

ウレタン塗料のデメリットは、含まれている「イソシアネート」という成分が紫外線に弱く、外壁に利用すると黄色く変色しやすいという難点があります。

 

最近は黄色くならない塗料も多くなってきましたが、愛媛県・松山市・松前町・伊予市の壁塗装業者に事前によく確認するようにしましょう。

また、光沢はしますがその保持率が低く、紫外線のダメージによって徐々に失われていくというデメリットもあります。

③シリコン塗料


オーデフレッシュSi(日本ペイント)
セラミシリコン(SK化研)
シリコンフレックスⅡ(アステックペイント)
アレスアクアシリコンACⅡ(関西ペイント)
ユメロック(ロックペイント)

シリコン塗料はとても耐久性の高い塗料として知られています。ウレタン塗料に比べて塗膜が固く耐久性があり、撥水性も高く紫外線や高温にも強いと言われています。

また、シリコン塗料は美しいツヤや光沢がでることもメリットです。

セラミックや撥水剤を混ぜ込むことで、耐用年数が上がりおおよそ8年〜15年と言われています。

おおよそ7年〜8年と言われるアクリル塗料や、10年程度と言われるウレタン塗料に比べ長持ちすることから人気も高いですね。

もちろんデメリットもあります。

シリコン塗料は弾力性が低いため、ひび割れしやすいという難点があります。塗装が難しいので熟練した職人の技術が必要になるでしょう。

ただし、費用と耐用年数を考えるとコストパフォーマンスは高く、長持ちさせたい方や何度の塗り替えをしたくない方、住宅に長く暮らす予定のある方、オリジナリティのある色味を塗装したい方にはベストな塗料でもあります。

シリコン塗料にも種類があり、

  • 水性1液型
  • 溶剤液1液型(油性)
  • 溶剤系2液型(油性)

の3種類があります。

溶剤系2液型は、2種類の溶剤を混ぜて使う塗料で、長持ちし耐用年数も伸びるため、おすすめです。使用する詳しい塗料については業者から説明がないこともありますので、こちらから聞いてみるのも良いでしょう。

④フッ素塗料


4Fイージスガード(クリスタルペイントジャパン)

ファイン4Fベスト(日本ペイント)

水性弾性セラタイトF(SK化研)

セラMフッソ(関西ペイント)

セミフロンアクア(KFケミカル)

フッ素塗料は紫外線など様々な環境に強く、耐用年数は15年から20年と言われています。

また、汚れにつよく雨やホコリなどの汚れを寄せ付けないため、光沢が長く続きます。

もちろん、カビやコケも寄せ付けません。


色褪せや劣化の進行も遅く、いつまでも美しい外壁を保つことができる塗料です。


ただし、高機能であるがゆえに費用が高いというデメリットがあります。ただ、何度も塗りなおさなくても長持ちすることや、汚れに強いことから費用対効果を考えると高くはないかもしれませんね。


また、フッ素はツヤのないマットな仕上がりを好む場合は、むずかしくツヤ有りしかえらべないのもデメリットかもしれません。

さらに、塗膜が固いので、ひび割れを起こすこともあります。外壁のひび割れが発生した場合は塗膜もひび割れる可能性があります。外壁材の親和性を専門業者によく確認してもらうのがベストでしょう。

⑤無機塗料


無機エクスカリバーZ(クリスタルペイントジャパン)
アレスダイナミックMUKIマイルド(関西ペイント)
セミフロンスーパーマイルドⅡ(KFケミカル)
ニッペパーフェクトセラミックトップG(日本ペイント)
ラーテル(菊水化学工業)

無機塗料の耐用年数はおおよそ20年から25年と言われています。


フッ素やシリコンは劣化の原因である有機物でできていますが、無機塗料は無機物でできているため汚れが付着しにくいというメリットがあります。

また、燃えにくい性質と光沢が長持ちする性質があることもメリットです。


高機能な塗料のため多少高額ではありますが、外壁塗装を長持ちさせたい、美しさを保ちたい方にはおすすめです。

 

⑥光触媒塗料


光触媒塗料とは、一般的には白い顔料の酸化チタンを利用した塗料のことです。紫外線と酸化チタンが反応することで、外壁に付着した汚れを分解するとされています。親水性が高く、雨水で汚れを流す効果もあり耐用年数も長めです。


耐用年数は約10年から15年と言われています。

 

メリットは、外壁塗装に使用される塗料の中では、セルフクリーニングしてくれるなど汚れを防止してくれる塗料であることです。


デメリットとしては紫外線が当たりにくいとメリットが発揮しにくいこと、光が多く当たる屋根、木で出来た部分(木部)や石、漆喰、樹脂には使用できないことなどがあります。


当社の「Crystal Season」は、人体に無害で防カビ殺菌性能が飛躍的に向上した、しかも機能が長期的持続的な防カビ殺菌コーティング剤「光触媒コーティング」を使用しています。


光触媒コーティング剤は、どのような細菌・ウイルスに対しても不活性化が有効です。コロナウイルス、インフルエンザやMARS、アルコール耐性のあるノロウイルスやロタウイルスなど、感染対策に強く、また、光触媒コーティング層が、汚れやカビの発生を防ぎます。


さらに可視光応答型により、LEDや蛍光灯でも光触媒反応を発揮し、銅イオン・銀イオンによる金属由来の抗菌作用を暗所でも発揮します。




耐用年数と費用は下記のようになります。もちろん環境や気候によって変わってきますので、海津市・大垣市・羽島市・瑞穂市・養老町の壁塗装業者に確認してみましょう。

種類

耐用年数

塗料相場費用(※一缶あたり)

アクリル塗料

約3~5年

約5,000~15,000円

ウレタン塗料

約5~7年

約5,000~20,000円

シリコン塗料

約7~10年

約15,000~40,000円

光触媒塗料

約10年~15年

約40,000円~120,000円

無機塗料

約20年~25年

約50,000円~120,000円



外壁にトラブルがあるのに放置しておくとどうなるの?


外壁にチョーキングやひび割れ、カビ・コケ、ふくらみや外壁の剥がれなど、様々なトラブルのうちひとつでも気になる点があれば、一日も早く専門業者へ相談することをおすすめします。

外壁のトラブルだけで収まっていればいいのですが、日にちが立つことによってそこから外壁の内側や室内にまでトラブルが進む恐れがあるからです。

 

早い段階で手当をしておくことで、かかる費用や工事の日数も各段にちがってきます。

室内にまで被害が及び、カビの発生や白アリなどが入り込む被害、雨漏りや室内の壁紙のシミなどが発生している場合、室内の工事もひつようになります。

 

被害が大きくなると、住宅から一旦引越しをしなければならないこともあります。

 

このくらいなら大丈夫と素人目で判断することで、実は被害が大きかったということもあります。

 

外壁のトラブルを見つけた際は、まずは愛媛県・松山市・松前町・伊予市の壁塗装業者に点検してもらうようにしましょう。

 


外壁トラブルは住宅自体の劣化につながる!早めに相談を!


外壁の塗り替えサインは、外壁や住宅のトラブルのサインでもあります。住宅を建てた建築業者やハウスメーカーがこまめに点検をしてくれなければ、外壁のトラブルはなかなか気づかないものでしょう。

時折壁を手で触ってみたり、家の周りをぐるっと一周し、ひび割れ、ふくらみ、カビ・コケの発生などがないかをよく確認するようにしましょう。


大切な住宅を少しでも快適に美しく長く住まうためには、自己点検も大切なことです。

早期発見が工事費用を抑える一番の方法でもあります。


外壁のトラブルを見つけた際は、海愛媛県・松山市・松前町・伊予市の外壁塗装業者に点検してもらい、見積もりを出してもらいませんか。

********************

愛媛県・松山市・松前町・伊予市で
外壁屋根塗装リフォームをご検討中の方は、
是非「塗替え工房 ながもち君」へお問い合わせください!

無料診断・無料見積もり受付中です!
長持ち塗装を通して、お客様に笑顔と幸せをお届けします☆

↓ハウスメーカーにお住まいの方はこちら
www.nurikaekobo-ehime/housemaker/

↓超耐・超美観の光触媒コーティング塗装はこちら
www.nurikaekobo-ehime/crystalseason/

🏡愛媛店  
0120-17-3588
www.nurikaekobo-ehime.jp
愛媛県全域

********************

※ 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。