まずはご相談ください!
まずはご相談ください!

[受付]9:00~18:00 [定休日]火・祝日・年末年始 メール・LINEは24時間受付中!

DIARY

外壁コーキングにひび割れが発生したら?対処法や費用相場などを解説

  • 外壁塗装


「自宅の外壁でコーキングのひび割れを発見したけど、放置して大丈夫?」

外壁をみてコーキングのひび割れを発見した場合、どうすればいいのかわからなくて迷っていませんか?

外壁コーキングのひび割れは放置していると、外壁材にも影響する恐れがあるため早めの補修が必要です。

この記事では、下記の内容についてお伝えします。

・外壁コーキングのひび割れの対処法と費用相場
・外壁コーキングのひび割れを放置するリスク
・外壁コーキングのひび割れ|劣化具合の見分け方

外壁コーキングに関する知識をつけてひび割れを発見しても冷静に対処できるようになるために、ぜひご覧ください。

外壁コーキングのひび割れの対処法と費用相場


外壁コーキングのひび割れの対処法は、主に下記の2つがあります。

・コーキングの打ち増し
・コーキングの打ち換え

2つの方法について、やり方と費用相場をそれぞれ紹介します。

コーキングの打ち増し

打ち増しとは、すでに充填されているコーキングの上に新しいコーキングを追加する方法です。

ただし、コーキングの劣化が激しい場合には打ち増しできない場合があります。

打ち増しでメンテナンスが可能かどうかは、コーキングの劣化具合によって変わります。

打ち増しで施工可能かどうかの判断は難しいため、実績豊富な業者に相談するのがおすすめです。

費用相場は、440円~/1メートルとなっています。

コーキングの打ち替え

打ち替えとは、既存のシーリングをすべて除去してから新しいシーリング材を充填する方法のことです。

シーリングの充填以外に古いシーリングの除去作業も必要なため、打ち増しよりも費用が高額になります。

ただし劣化したシーリングを除去してから新たにシーリングを充填するので、打ち増しよりも耐水性や防水性は高くなります。

打ち換えでの費用相場は、990円~/1メートルです。

外壁コーキングのひび割れを放置するリスク


外壁コーキングのひび割れを放置すると、どのようなリスクがあるのか紹介します。

具体的に考えられるリスクは、下記の2つです。

・外壁材を傷める
・メンテナンス費用が高額になる

それぞれ詳しくみていきましょう。

外壁材を傷める

外壁コーキングのひび割れを放置すると、やがては剥離の発生につながり、外壁材の下地が露出してしまいます。

下地が露出した状態になると、雨水の浸入を防げません。

雨水の浸入が防げない状態が続くと、湿度が上昇しカビが発生する可能性も高まります。

雨水の浸入によって、内部まで腐食してしまう恐れがあります。

腐食が進んでしまうと、シロアリによる被害にも注意しなければいけません。

メンテナンス費用が高額になる

外壁コーキングのひび割れを早めに発見した場合には、コーキングの打ち増しで対処できる可能性があります。

劣化がそれほど進行していなければ、打ち増しをするほうが費用を抑えられます。

コーキングを取り除いて新たに充填する打ち替えよりも、打ち増しのほうが費用は安くなるからです。

また外壁コーキングの劣化を放置した結果、外壁材を傷めてしまった場合には、外壁材の補修や張り替えが発生する恐れもあります。

外壁コーキングの補修よりも高額な費用となってしまうため、早めに対処しましょう。

外壁コーキングのひび割れ|劣化具合の見分け方


外壁コーキングのひび割れの症状は、大きく分けて下記の3つです。

・痩せている
・ひび割れしている
・剥離している

外壁コーキングのひび割れは、補修する必要があります。

ただし、劣化具合によって緊急度が高いものとそうではないものがあるため、見分け方を紹介します。

痩せている

コーキングは、湿度や温度の変化で収縮を繰り返します。

収縮を繰り返すうちに、弾力性がなくなり硬化していきます。

経年で油分や水分が抜けて、隙間ができる状態を表現するのが「痩せている」という言葉です。

この状態は、ひび割れが起き始める一歩手前の症状となります。

放置するとひび割れが始まり、隙間から雨水が浸入する恐れがあるので注意が必要です。

シーリングが痩せている状態を発見したら、早めにメンテナンスしましょう。

ひび割れしている

ひび割れしている状態とは、痩せている状態からさらに劣化が進み、亀裂が入っている状態のことを指します。

コーキングが硬化し痩せたあとに、地震や車が通過する際の振動などが加わることでひび割れにつながります。

ひび割れを放置すると現れる症状が「破断」です。

ひび割れや破断の上場が現れると、雨水の浸入など外壁そのものにも影響するため、見つけたらすぐにメンテナンスを考えましょう。

剥離している

ひび割れ状態からさらに劣化が進むと、剥離につながります。

剥離してしまうと、シーリングがなくなった部分は外壁の下地が露出してしまいます。

雨水が浸入する可能性も高くなり、湿度によってカビも発生しやすくなる状態です。

外壁内部の腐食が広がってくると、シロアリが発生する恐れも高くなってしまいます。

剥離を発見した場合には、なるべく早くリフォーム業者へ相談しましょう。

外壁コーキングのひび割れの原因


外壁コーキングがひび割れする原因は、主に下記の2つです。

・施工不良
・経年劣化

それぞれ、原因が違ってくるので詳しく解説します。

施工不良

コーキングの施工不良が原因で、ひび割れが発生することもあります。

コーキングを施工して数か月から1年くらいの間にひび割れた場合は、施工不良の可能性が考えられます。

コーキングの施工不良が起きる原因は、主に下記の2つです。

・施工するコーキング材の量が少なかった
・コーキング材の選定ミス
・業者の技術力不足

早い段階でひび割れを発見した場合には、施工した業者に問い合わせをするようにしましょう。

保証書などをしっかり確認して、適切な処置をしてもらいます。

ただし業者によっては技術力が十分ではなく、適切な対応をしてくれない可能性もあります。

施工した業者の対応に不安がある場合は、経緯を話してほかの業者に相談するのもひとつの方法です。

経年劣化

外壁コーキングは、時間とともに少しずつ劣化します。

コーキング材はゴム状の材料のため、経年劣化で硬化してしまうからです。

硬くなったコーキングは、地震や通行する車などの振動でひび割れしてしまいます。

経年劣化は避けられないため、早期に補修して対策しましょう。

また紫外線が強い場所では、耐久性の高いコーキング材を選んだり、上から塗料を塗ったりして耐久性を確保する方法もあります。

外壁コーキングのひび割れ補修にDIYはおすすめしない


コーキングの補修であれば、DIYでできるのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、DIYは下記の理由からおすすめできません。

・目視で確認できる部分以外もコーキング劣化している可能性がある
・高所作業は危険が伴うため
・仕上がりがきれいにならない恐れがある

目視で確認できないところの劣化は業者にお任せして確認しましょう。

見逃してしまって、補修できないところがあると外壁を傷めてしまう恐れがあります。

高所作業を自分で行う場合は、落下の危険も伴うためおすすめできません。

シーリングは目立つので、経験が少ない人が行うときれいな仕上がりにならない可能性があることも覚えておきましょう。

このような理由から、シーリングの補修を行う際は業者に依頼してください。

外壁コーキングのひび割れを発見したら早めに対処しよう


外壁コーキングのひび割れを発見したら、早めの補修が必要です。

外壁まで傷めないよう、なるべく早めに対処しましょう。

早めに対処することで、家全体にかかるメンテナンス費用の総額を下げる効果もあります。

DIYはおすすめできないので、早めに信頼できる業者へ相談してください。